×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



円高と円安

円高と円安

円高と円安については、円の価値、値打ちが高いか安いかを考えるとわかりやすいです。

例えば、1ドル=100円のときには、1ドルという貨幣を1枚買うには100円必要です。

これが1ドル=90円になると、1ドルという貨幣を1枚買うのに90円しか必要なくなるわけです。

つまり、円の価値が上がった(円高ドル安)ので、1ドルを買うのに必要な円が少なくてすむようになったのです。

反対に、1ドル=100円だったものが1ドル=110円になったときはどうでしょうか?

この場合、1ドル=100円のときには、1ドルという貨幣を1枚買うには100円でよかったものが、1ドル=110円になったら、1ドルを買うのに110円必要になったわけです。

つまり、円の価値が下がった(円安ドル高)ので、1ドルを買うのに必要な円が多く必要になったのです。

100円から90円に数字が減るのに「円が高くなった」と表現するのは、なれないとイメージしにくいかもしれませんが、円の価値が高いのか安いのかということを考えれば理解しやすくなると思います。

外貨投資においては、将来価値が上がる通貨を選択して購入することが重要です。

上記の例で言えば、1ドル=100円で買ったあとで、ドルの価値が上がり110円で売れば利益を得ることができるのです。


外国為替とは?
外国為替証拠金取引(FX)とは?
FXのメリットは?
外貨MMFのメリット・デメリット
円高と円安

外国為替市場とは?
FXで利子を受け取れるとは?
外貨預金のメリット・デメリット
FXの安全性は?
為替レートの表示は?


為替レートと景気
為替取引で利益

レバレッジとスワップ金利
政策金利
住宅ローン控除 転居 社内融資 財形住宅融資
税金 家財の火災保険 フラット35パッケージ 収入合算
住宅を建設 住宅ローン 固定資産税  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved