×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



為替レートの表示は?

為替レートの表示は?

為替レートは、次のように表示されます。

⇒ ドル/円 100.15−100.20
         (買値) (売値)

これは、ドル円の売値と買値を示しています。

つまり、1ドルを買うときの値段が100円20銭で、1ドルを売るときの値段が100円15銭という意味です。

ちなみに、この売値のことをアスクとかオファーといい、買値のことをビッドといいます。

為替レートが動かなくても、1ドル買うときには100円20銭で買い、売るときには100円15銭でしか売れないわけですから、1ドル当たり5銭の損をすることになります。

これが一般の銀行ですと、基準になる仲値(銀行でも基準価格)を1ドル=100円とすると、片道手数料が1円ずつ取られますので、表示は次のようになります。

⇒ ドル/円 99.00−101.00

為替レートが動かなくても1ドル当たり往復で2円損をするというわけです。

この買値と売値の差のことを「スプレッド」といいます。

スプレッドはFX取引業者のマージンのようなものですが、顧客からみれば手数料と同じで売買コストになりますから、FX取引業者を選択する際には、手数料だけでなくこのスプレッドと手数料の合計が安いところを選ぶのが重要です。


外国為替とは?
外国為替証拠金取引(FX)とは?
FXのメリットは?
外貨MMFのメリット・デメリット
円高と円安

外国為替市場とは?
FXで利子を受け取れるとは?
外貨預金のメリット・デメリット
FXの安全性は?
為替レートの表示は?


為替レートと景気
為替レート

海外の金利
レバレッジ
住宅ローン控除 再適用 土地を先行取得 財形住宅融資
登録免許税 家財の保険 フラット35パッケージ 親子リレー返済
住宅ローン 競売物件 消費税  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved