×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



FXと株を比較すると?

FXと株を比較すると?

外国為替市場というのは、1日に約160兆円もの巨額な取引が行われている流動性の高い市場です。

流動性が高いということは、例えば、出来高が少ない新興市場の株式のように「自分が株を売りたいときに買い手がいなくて売れない」というようなことがほとんどないということです。

テクニカル分析においても、株式市場よりもずっと素直な動きをしていることに気が付くと思います。

また、株式であれば、会社が倒産するというリスクがありますが、FXで取引されているような主要通貨(メジャーカレンシー)を持つ国が、破綻(デフォルト)する可能性は極めて低いです。

こうしたことから、外国為替市場は、株式市場よりもずっと簡単で、安全な市場であるといえます。

FXの自動売買とは?

FXでは、ほとんどすべての会社で、逆指値などの手法が基本的な注文条件として使用できます。

また、それ以外にも便利な注文方法がさまざまにあります。

例えば、1ドル=100円のときに、できるだけ安く買いたいので1ドル=98円で注文を出したとします。

そして、1ドル=98円で買えれば、その後102円で利益確定の売りを出したいとします。

しかし、1ドル=100円が98円に下がって、注文が約定するのはいつになるのかわかりませんし、もし約定したのなら、できるだけ早く102円での売り決済注文を出したいわけです。

そのようなときに、FXのIFD注文を使えば、98円で約定できればそのときにすぐに自動的に102円で売りの決済注文を出してくれます。

IFD注文でしたら、注文の約定をいちいちチェックする必要がありませんので非常に便利です。


為替レートを動かす要因は?
スワップ金利の魅力とは?
FXは24時間取引可能?
成り行き注文と指値注文とは?
損切りしないと?

ドル/円と米国経常赤字
レバレッジ効果とは?
FXと株を比較すると?
逆指値注文とは?
利益確保の逆指値とは?


外貨投資
外貨預金

成り行きと指値
プライス注文とビッド・アスク
住宅が焼失 住宅ローン控除額 借換え 財形貯蓄
固定資産税 火災保険 フラット35 公庫の廃止
住宅ローン 戻り保証料 転勤  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved