×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



MACDとスローストキャスティクスの併用

MACDとスローストキャスティクスの組み合わせとは?

MACDとスローストキャスティクスの組み合わせる方法というのは、MACDで買いサインが点灯し、かつ、スローストキャスティクスでもよいタイミングだと判断されるときに、買いを入れるというものです。

同様に、MACDで売りサインが点灯し、かつ、スローストキャスティクスでもよいタイミングだと判断されるときに、売りを入れるというものです。

MACDのパラメーターの設定は?

MACDは、何日と何日の移動平均線の乖離線をとるか、あるいは、そのラインの何日の移動平均線をシグナルラインとするかによって※、その位置や曲がり方が変わってきます。

ただし、よくわからなければ、一般的な設定である、12日、26日、9日という組み合わせでよいと思います。

※このような設定のことを「パラメーター」といいます。なお、このパラメーターは、情報画面で自分で自由に変更できます。


順張りと逆張りのメリット・デメリット
MACDとスローストキャスティクスの併用
MACDとスローストキャスティクスの相性
FXの自動売買とは?
IFD注文とは?

MACDのサインの読み方は?
スローストキャスティクスとは?
休むも相場とは?
自動売買とリスクコントロール
IFDの便利な注文方法は?

投資ルール
カナダドルに影響を与える指標

強制決済を避ける
為替を動かす経済指標

変動金利型ローン
相続時精算課税制度
沈みへの対策

収入証明書
軸組み
固定金利型
住宅新築
自己借地権
あんこ
親想い
自然公園法

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved