×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



スローストキャスティクスとは?

スローストキャスティクスとは?

スローストキャスティクスというのは、現在の値が、過去何日間の相場の動きから見て低すぎないか、あるいは高すぎないかを判断するテクニカル分析指標のことです。

このスローストキャスティクスは、逆張り系の指標なので、トレンドが発生しているときに単独で用いると、損失が膨らんでしまいますので注意が必要です。

よって、スローストキャスティクスは、順張り系のMACDと組み合わせて用いるのがよいです。

スローストキャスティクスの見方は?

一般的に、スローストキャスティクスは、次のように判断します。

買いサイン
⇒ 42日のスローストキャスティクスの値が、15%以下に達した場合は買われすぎのため「買いサイン」と判断します。

売りサイン
⇒ 42日のスローストキャスティクスの値が、85%以上に達した場合は買われすぎのため「売りサイン」と判断します。


順張りと逆張りのメリット・デメリット
MACDとスローストキャスティクスの併用
MACDとスローストキャスティクスの相性
FXの自動売買とは?
IFD注文とは?

MACDのサインの読み方は?
スローストキャスティクスとは?
休むも相場とは?
自動売買とリスクコントロール
IFDの便利な注文方法は?

短期投資家
米雇用統計

レバレッジと資金管理
貿易収支

民間ローン
相続時精算課税制度
事前着工

共有名義
自己契約
返済期間の設定
中古マンション
借地借家法
あんどん部屋
リフォームローン
事前相談体制

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved