×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



MACDとスローストキャスティクスの相性

なぜスローストキャスティクスはMACDと相性がよいのですか?

スローストキャスティクスが、順張り系のMACDと相性がよいのは、MACDが苦手とするもみ合い相場(ボックス相場・レンジ相場)において、スローストキャスティクスを用いることにより、ダマシを少なくすることができるからです。

MACDは、トレンドが発生している相場で精度が高く、スローストキャスティクスは、もみ合い相場で精度が高いので、この両者のサインが点灯した場合には、精度が高くなると考えられるのです。

テクニカル分析による勝率は?

有名なテクニカル分析のなかで、MACDとスローストキャスティクスで、同時に同じサインが出たときに買う(売る)のとよいタイミングで売買できるといわれます。

このタイミングは、順張りと逆張りの両方の面から見て「買い時(売り時)」であると判断されるので、精度が高いということがその理由です。

また、さらにチャートも併用して、現在のレートが過去の相場の流れから判断して、どのような位置にあるのかを把握すると勝率が高まります。

テクニカル分析というのは、過去のデータの分析によって未来を予測しようとする手法ですから、テクニカル分析を用いている段階で、最も高い確率での方向性を示しているのです。

つまり、テクニカル指標による指示に従って行動することは、その段階においては、最も合理的であることが予想されるのです。

合理的で確立の高い行動を続ければ続けるほど、相場に勝つ確立は上がっていきます。


順張りと逆張りのメリット・デメリット
MACDとスローストキャスティクスの併用
MACDとスローストキャスティクスの相性
FXの自動売買とは?
IFD注文とは?

MACDのサインの読み方は?
スローストキャスティクスとは?
休むも相場とは?
自動売買とリスクコントロール
IFDの便利な注文方法は?

投資判断
経済指標と為替レートへの影響

指値・逆指値注文
雇用統計

固定金利選択型
3,000万円特別控除
住宅性能保証制度

不動産広告
資産担保金融
元利均等返済
中古一戸建て
資産流動化計画
EC(イー・シー)
リフォームローン
質権

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved