×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



オファー・ビッド・2WAYプライス

オファー・ビッドとは?

取引画面を見ると、通貨ペアごとに現在のレートがオファー・ビッドと2つ表示されていると思います。

このオファーというのは、投資家が買うレート、ビッドというのは、投資家が売るレートのことをいいます。

そして、このレートが、実際に売買する際の取引レートになります。

例えば、米ドル/円の取引レートが、次のようになっていた場合には、

⇒ 米ドル/円 ビッド(bid)100.01 オファー(offer)100.05

米ドル/円を買うことができるレートは100円50銭、売ることができるレートは100円01銭という意味になります。

2WAYプライスとは?

通貨ペアの買値と売値であるオファーとビッドというのは、常に同時に提示されています。

これを2WAYプライスといい、FX会社に決められた表示方法となっています。


口座開設の審査と書類送付
取引画面の見方は?
通貨ペアとは?
成行注文のメリット・デメリット
レバレッジと投資効率

証拠金の入金方法は?
携帯電話・コールセンターの取引とは?
オファー・ビッド・2WAYプライス
指値注文のメリット・デメリット
含み損益を確認するとは?

オーストラリア・ドルの買い材料
豪ドル(オーストラリアドル)の特徴

円高と円安の意味
カナダの経済・資源

匿名組合出資持分
土地利用審査会
任意組合型

都市計画税
取引条件の有効期限
農業委員会
都市緑地保全法
取引事例比較法
意思表示
都市再生特別地区
NCREIFインデックス

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved