×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



含み損益を確認するとは?

含み損益を確認するとは?

FXでは、証拠金が10万円で、レバレッジが10倍であれば、約100万円相当の外貨を保有することが可能です。

しかしながら、証拠金が少額であればリスクも小さいかといえば、そうではありませんので注意が必要です。

というのは、リスクを考えるうえで注意しなくてはいけないのは、担保として預けている証拠金の10万円ではなくて、保有している約100万円相当の通貨ペアの含み損益だからです。

具体的には?

例えば、証拠金5万円を預けて、レバレッジ20倍で、1ドル=100円のときに1万ドルを買ったとします。

このとき、仮に為替レートが1ドル=95円へと5円だけ円高ドル安に動いたとすると、5万円の損失(5円×1万ドル)が生じます。

つまり、たった5%の相場変動によって、すべての証拠金を失ってしまうのです。

よって、レバレッジを効かせて取引するときは、常に、為替レートが何円動いたら損益がいくら変わるかということを意識しておくことが大切です。


口座開設の審査と書類送付
取引画面の見方は?
通貨ペアとは?
成行注文のメリット・デメリット
レバレッジと投資効率

証拠金の入金方法は?
携帯電話・コールセンターの取引とは?
オファー・ビッド・2WAYプライス
指値注文のメリット・デメリット
含み損益を確認するとは?

ニュージーランドの特徴
カナダドルの特徴

日本への投資と円高
スイスフランのトレンド

土地基本法
トランシェ
農地の転用制限

土地転がし
年金融資
立地の基準・一般基準
負担調整措置
内容証明郵便証拠力
一団の宅地建物の分譲
都道府県民税
二重課税

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved