×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



指値注文のメリット・デメリット

指値注文とは?

指値注文というのは、現在提示されているレートよりも安いレートで買いたい、あるいは高いレートで売りたいというときに出す注文のことです。

この指値注文は、注文の有効期限内に、指定したレートに達した場合に取引が成立します。

指値注文のメリットは?

指値注文のメリットは、次のようなものです。

■自分の希望するレートで注文を出すことができる。
■注文が約定する際に、あらかじめ買値や売値がわかる。

指値注文のデメリットは?

指値注文のメリットとしては、自分の思惑通りに為替相場が動いていかない場合には、なかなか取引が成立しないということがあげられます。

スリッページとは?

スリッページというのは、ストップ注文の成立時に生じる、指定したレートと実際に約定したレートとの差のことをいいます。

ECBとは?

ECBは、欧州中央銀行のことです。

また、ECBは、ユーロ圏の中央銀行のことです。


口座開設の審査と書類送付
取引画面の見方は?
通貨ペアとは?
成行注文のメリット・デメリット
レバレッジと投資効率

証拠金の入金方法は?
携帯電話・コールセンターの取引とは?
オファー・ビッド・2WAYプライス
指値注文のメリット・デメリット
含み損益を確認するとは?

NZDの買い材料・懸念材料
ニュージーランドドル(NZドル)の特徴

為替レートが変動
スイスの主要貿易品目

土壌汚染対策法
都市計画審議会
任意法規と強行法規

都市計画法
二重価格表示
農地
土地信託の分譲事業
取引保証
遺贈
都市再生本部
2項道路

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved