×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



レバレッジと投資効率

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこ」の意味ですが、てこが小さな力で大きな物を持ち上げることができるように、元手の資金以上の規模でより投資効率を高めて取引する手法のことをいいます。

具体的には、取引口座に入金した証拠金を担保にして、数倍〜数百倍の規模の取引をすることです。

そして、このときの証拠金に対する取引金額の大きさ(倍率)がレバレッジです。

このレバレッジは、外貨預金などの外貨建て金融商品とは異なり、FXの大きな魅力のひとつとなっています。

レバレッジを使った具体的な取引は?

レバレッジを使うと、10万円の証拠金でレバレッジ5倍ならおよそ50万円まで、レバレッジ10倍ならおよそ100万円までの取引ができます。

例えば、1ドル=100円のときに、証拠金10万円を預けて、米ドル/円を1万ドル買うとします。

このとき、証拠金に対する取引金額は100万円(100円×1万ドル)ですから、レバレッジは10倍です。

その後、110円まで円安ドル高が進んだとすると、10万円((110円−100円)×1万ドル)の為替差益を得ることができます。

しかし、反対に、90円まで円高ドル安が進んだとすると、10万円((90円−100円)×1万ドル)の為替差損を被ることになります。

よって、レバレッジを効かせた取引というのは、証拠金に対して大きな利益を期待できる反面、自分の思惑通りに相場が動かなかった場合には、大きな損失を被るおそれもありますので注意が必要です。


口座開設の審査と書類送付
取引画面の見方は?
通貨ペアとは?
成行注文のメリット・デメリット
レバレッジと投資効率

証拠金の入金方法は?
携帯電話・コールセンターの取引とは?
オファー・ビッド・2WAYプライス
指値注文のメリット・デメリット
含み損益を確認するとは?

オーストラリアの特徴
NZドル相場の変動要因

通貨の需要と供給
スイスの歴史

土地家屋調査士
土間コン(べたコン)
抜き行為

都市計画法
年金融資
農地転用許可基準
土地取引の許可制
内容証明郵便
一時金
都市再生本部
2項道路

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved