×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



信託保全制度とは?

信託保全制度とは?

FX会社を決めて取引を開始するときには、まず初めにお金を証拠金(保証金)という形でFX会社に入金する必要があります。

信託保全制度というのは、この入金された証拠金をFX会社が銀行の信託口座に預け、FX会社の資産とは分けて管理する仕組みのことをいいます。

信託保全制度を導入する理由は?

信託保全制度を導入するのは、取引しているFX会社の経営破たんにより、投資家が資産を失わないようにするためです。

信託保全制度を導入していれば、たとえ取引を行っているFX会社が破綻したとしても、投資家が預けている証拠金は、信託保全されている資産の範囲内で、弁護士などの受益者代理人を通じてそれぞれの投資家に返還されます。

区分管理と信託保全

FX会社が区分管理を掲げていても、信託口座を使わないで自社の資産と分別して管理しているだけというケースもあるようなので、注意が必要です。

というのは、このようなFX会社ですと、もしもFX会社が破綻した場合に、投資家のお金が十分に守られないことがあるからです。

なので、FX会社を選択する際には、信託口座による信託保全なのかどうかをしっかり確かめるようにしましょう。


含み損益とは?
逆指値注文(ストップ注文)とは?
強制ロスカットとは?
クイック入金とは?
信託保全制度とは?

ポジションと決済注文
IFD注文・OCO注文の使い方は?
為替レート通知サービスとは?
受渡取引とは?
損切りの重要性とは?

インターバンク市場・オフショアマーケット
香港ドルと人民元との関係

FXと外貨預金の異なる点
香港の経済

不動産業総合調査
不動産の所在地
返済能力

RETIO・リート
プレハブ建築
法人税の課税所得額
不動産コンサルティング技能試験
プロジェクト・ファイナンス
青色事業専従者給与
不動産の日
防火地域

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved