×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



損切りの重要性とは?

損切りの重要性とは?

FXだけでなく、株式投資などでも100%自分の予想した方向に相場が動くなどということはありません。

どんな投資家であっても、予想が外れることはあるのです。

損切りというのは、相場が自分の予想とは逆に動いてしまい含み損が生じているときに、保有しているポジションを決済して損失を確定させることをいいます。

相場が自分の予想とは逆に動いてしまったときに、なかなか損切りを行えないと、保有しているポジションの損失がどんどん拡大してしまい、非常に大きな損失を抱えてしまったり、さらにはロスカットに引っかかってしまうケースも少なくありません。

もちろん、損切りをした途端に、相場が反転して戻ってくることもあります。

しかしながら、当初の予想とは反対に相場が動いてしまった場合には、損失の拡大を防ぐために、勇気をもって損切りを行うことは非常に重要です。

逆張りとは?

逆張りというのは、価格が下落してくる場面に、逆に買いを行う手法のことをいいます。

スクエアとは?

スクエアというのは、ポジションが売りにも買いにも傾いていないゼロの状態のことをいいます。


含み損益とは?
逆指値注文(ストップ注文)とは?
強制ロスカットとは?
クイック入金とは?
信託保全制度とは?

ポジションと決済注文
IFD注文・OCO注文の使い方は?
為替レート通知サービスとは?
受渡取引とは?
損切りの重要性とは?

FOMC・SEC
為替レートの変動要因

レバレッジのリスク
香港ドル相場の変動要因

不動産業総合調査
住居表示の法律
保安林

不動産適正取引推進機構
ブロードバンド
ポートフォリオ
不動産証券化協会
プロパティ・トラスト
青色申告制度
不動産販売と景品
防水層

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved