×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



円高相場で利益出す際の注意点は?

FXで円高相場においても利益を出す方法とは?

FXで円高相場においても利益を出す方法というのは、株の空売りと同じです。

なので、今後円高ドル安が進むと判断した場合には、ドルを売ります。

例えば、1ドル=110円のときに、10万ドルを110円で売ります。そして、1ドル=100円になったときにドルを買い戻すのです。

この例ですと、差額1ドル当たり10円(110円−100円)の利益となりますので、100万円(10円×10万ドル)の利益を上げたことになります。

このように、FXでは、外貨を買うだけでなく、外貨を高く売って、安く買い戻すことも自由にできますので、円安傾向にあるときだけでなく、円高傾向にあるときにも利益を上げることが可能なのです。

外貨を売る場合の注意点は?

外貨を高く売って、安く買い戻す取引の際には、注意すべき点もあります。

それは、FXでは外貨を買う場合には、高い金利(スワップ)を得られることが大きなメリットとなっているのですが、外貨を売る場合には、反対にこの高い金利を支払わなければならないからです。

よって、現在のように円よりも外貨の金利が高い状況のときには、金利の高い通貨はなるべく避けるようにし、売りについては短期勝負でのぞむとよいと思います。


GTCとデイオーダーとは?
円高相場で利益出す際の注意点は?
FX会社選びのポイントは?
分別管理・分離保管とは?
スプレッドは手数料?

決済期日とロールオーバー
為替リスクのコントロールとは?
目的別のFX会社選びは?
FX会社の手数料は?
レバレッジと保証金の関係は?

購買力
スワップポイントの支払い

FXの税金
低レバレッジで長期保有
都市再生機構 社内融資 税金の特例 財形住宅融資
登録免許税 特約火災保険 フラット35 フラット35
提携ローン マンション 二世帯住宅  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved