×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



為替リスクのコントロールとは?

為替リスクに注意するとは?

FXでは、外貨預金と同じように為替変動による差損のリスクがあります。

なので、特にレバレッジを高くして、為替差益を狙っているような場合には、最新の注意とリスクコントロールが必要になります。

ただし、スワップ(金利)を受け取ることをメインにしながら、為替差益も狙っていくという認識でFXをやっていこうと考えている場合には、それほどリスクは高くないと思われます。

というのも、レバレッジをかけないで、手持ち資金の範囲内でFXを行うのであれば、手数料の安さをはじめ様々な面から、外貨預金よりも有利になっているからです。

仮に、レバレジをかける場合も、2〜5倍程度に抑えて、常にストップロス注文を出しておくようにするのであれば、為替リスクは十分にコントロールすることができます。

外貨を持たないリスクとは?

資産運用全体からみると、外貨をまったく保有していないというのも1つのリスクであると考えられます。

つまり、インフレや円安リスクの高い日本円のみを資産として保有していることは、ある意味為替リスクが高いともいえるのです。

なので、通貨を分散したり、売買時期を分散しながらFX投資を行う方が、為替リスクは低下していくと思われます。


GTCとデイオーダーとは?
円高相場で利益出す際の注意点は?
FX会社選びのポイントは?
分別管理・分離保管とは?
スプレッドは手数料?

決済期日とロールオーバー
為替リスクのコントロールとは?
目的別のFX会社選びは?
FX会社の手数料は?
レバレッジと保証金の関係は?

外国為替市場
FXで利益を出す

FXの節税対策
長期保有での損切り
住宅ローン控除 年末残高等証明書 登録免許税 財形住宅融資
登録免許税 提携ローン フラット35 フラット35
提携ローン マンション 二世帯住宅  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved