×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



投資は余裕資金で行うとは?

投資は余裕資金で行うといわれるのはなぜですか?

投資に勝つための基本的な心構えとして、「心の余裕」を持つことが重要であるとされています。

投資を始めた頃にありがちなのは、できるだけ効率よく、できるだけ多くの利益を上げたいという気持ちで、自己資産いっぱいの資金を動かしてしまうことです。

しかしながら、資金的に、また気持ちに余裕のない投資はおおかた負けてしまいます。

投資に勝つ秘訣は「欲張らないこと」であるともいわれますが、資金いっぱいで運用していしまうと、冷静な判断ができずに、ルールに則った行動ができなくなりがちです。

特に、損切りができずに損失が膨らんでしまうということが起こりがちです。

損切りというのは、リスクコントロールのなかでも、最も重要なものですから、これを躊躇してしまうような心理状態というのは、絶対に避けなければならないのです。

また、資金的な余裕がないと、自分が予測していたシナリオどおりにいかなかったときのリカバリーもできません。


口座資産はマイナスになる?
リカバリーとは?
オセアニア通貨などが高金利な理由は?
為替市場とファンダメンタル分析
順張りとは?

投資は余裕資金で行うとは?
投資する通貨は?
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
順張り・逆張りとは?
逆張りとは?

金利差とキャピタルゲイン
指値注文

為替ブローカー、為替リスク、基軸通貨
相関の高い通貨ペア
住宅ローン控除 敷地 固定資産税 財形融資
固定資産税 地震保険 親子リレー返済 フラット35
自治体融資 不動産広告 売却損  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved