×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



リカバリーとは?

リカバリーとは?

FXだけでなく、投資は資金的な余裕がないと、自分が予測していたシナリオどおりにいかなかったときのリカバリーができません。

株式投資などでも同じことですが、やっと絶好の買い場がきたのに、資金を使い果たしてしまった後だったので、株を買うことができず、悔しい経験をしたという人も少なくないのではないでしょうか。

FXにおいても、常に買い時と売り時というのがあり、さらに対象通貨も変化しています。

なので、いつ何時、いずれかの通貨の買い時がきたときにも、買えるだけの資金を手元に残しておくことが重要になるのです。

では、どのくらいの資金で運用するのがよいのでしょうか?

理想的な運用としては、レバレッジの合計が自己資産を超えないように運用することになります。

例えば、FXでは、全資産の20%を保証金にして運用するというのであれば、レバレッジは5倍までに抑えるなどです。


口座資産はマイナスになる?
リカバリーとは?
オセアニア通貨などが高金利な理由は?
為替市場とファンダメンタル分析
順張りとは?

投資は余裕資金で行うとは?
投資する通貨は?
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
順張り・逆張りとは?
逆張りとは?

クリック365
逆指値注文

逆指値注文、決済、公定歩合
相関の低い通貨ペア
借換え 住宅ローン控除 固定資産税 財形住宅貯蓄
都市計画税 地震保険 親子リレー返済 フラット35
住宅ローン 不動産広告 買換え  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved