×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



逆張りとは?

逆張りとはどのような取引ですか?

逆張りというのは、例えば円高が進んでいる時に、1ドル=110円から100円にまで下落したので、そろそろ円安に向かうだろうという予想のもとに、100円のときにドルを買うような取引のことをいいます。

つまり、逆張りは、円高の流れが止まったことを確認する前の段階で、相場の流れに逆らってドルを買うような取引のことです。

逆張りのメリット・デメリットは?

逆張りのメリット・デメリットは、次のようなものです。

<逆張りのメリット>
安く買える
⇒ 逆張りの場合は、うまくいけば底値で買うことができますので、利益が大きくなる可能性があります。

<逆張りのデメリット>
リスクが高い
⇒ 逆張りの場合は、あくまでも「そろそろ円安にむかうだろう」という希望的観測に基づいた取引ですので、上手くいかなかったときには非常にリスクが高いです。

例えば、相場は行き過ぎるものなので、1ドル=100円が底だと思って買ったとしても、その後ズルズルと1ドル=90円まで下落していくということもあるのです。

なので、基本的に逆張りはオススメできません。


口座資産はマイナスになる?
リカバリーとは?
オセアニア通貨などが高金利な理由は?
為替市場とファンダメンタル分析
順張りとは?

投資は余裕資金で行うとは?
投資する通貨は?
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
順張り・逆張りとは?
逆張りとは?

損切りの決済注文
米ドルの特徴

リミットオーダー、レバレッジ、ロスカット
OCOで決済注文
共有住宅 住宅ローン控除 不動産取得税 財形住宅融資
提携ローン 団体信用生命保険 フラット35 団体信用生命保険
住宅ローン 親の土地 不動産  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved