×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



ローソク足とは

ローソク足チャートとはどのようなものですか?

ローソク足チャートは、テクニカル分析(統計的分析)の基本です。

このローソク足は、江戸時代に米相場において本間宗久が発明し、活用したとされています。

また、ローソク足チャートというのは、為替や株価の値動きをわかりやすく視覚化したものをいいます。

単なる数字の羅列ですと、現在のレートが相対的に高いのか安いのか、または、トレンドは上なのか下なのかということがわかりにくいものです。

このようなときにローソク足チャートを用いると、現在のレートがどの辺りにあるのか、あるいは、現在の相場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかということが一目瞭然でわかりますので大変便利です。

ローソク足チャートの見方は?

ローソク足には、1本のローソク足をどれくらいの期間にするかによって、日足、週足、月足、1時間足、5分足などがあります。


ローソク足とは?
ローソク足の陽線・陰線とは?
トレンド・トレンドラインとは?
FXでトレンドに乗るとは?
移動平均線の使用方法は?

始値・終値・高値・安値とは?
相場の反転を示すローソク足は?
レジスタンスライン・サポートラインとは?
移動平均線の見方は?
MACD(マックディー)とは?

ストップ
ユーロの参加国

FX(外国為替証拠金取引)
IFO注文
連帯債務 住宅ローン控除 登録免許税 毎月返済額
諸費用ローン 団体信用生命保険 一部繰り上げ返済 買い換えローン
固定資産税 市街化調整区域 アセット・マネジメント  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved