×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



トレンド・トレンドラインとは?

トレンドがある相場とは?

為替相場の特徴として、トレンドが形成されると、そのトレンドがある程度の期間持続することが多いということがあります。

つまり、為替相場では、陽線や陰線が連続して素直に動くときが多いということです。

なので、一般的には、株式相場よりも相場の動きが素直でトレンドが読みやすいということがいえます。

トレンドラインとは?

トレンドライン(傾向線)というのは、ローソク足チャート上で、高値同士、あるいは安値同士を結んでラインを引いたものをいいます。

また、このトレンドラインは、ローソク足のつながりを結んだものですが、トレンドラインの傾きが相場のトレンドを把握するのに役立ちます。

つまり、トレンドラインが右肩上がりなら上昇トレンド、トレンドラインが右肩下がりなら下降トレンドということです。

株の場合にもこうしたラインを引いて、方向性を見ることが多いですが、為替相場においても参考になる部分があります。


ローソク足とは?
ローソク足の陽線・陰線とは?
トレンド・トレンドラインとは?
FXでトレンドに乗るとは?
移動平均線の使用方法は?

始値・終値・高値・安値とは?
相場の反転を示すローソク足は?
レジスタンスライン・サポートラインとは?
移動平均線の見方は?
MACD(マックディー)とは?

損切り
ポンドの特徴

レバレッジを低く抑える
FXの通貨の強弱
住宅ローン 住宅ローン控除 相続時精算課税制度 必要書類
所得補償保険 保証会社 フラット35 登録免許税
買い換え 重要事項説明書 アトリウム  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved