×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



相場の反転を示すローソク足は?

相場の反転を示すローソク足は?

長い下ひげをもったローソク足が、底値付近で出現したときは、相場のトレンドが反転し上昇する可能性があります。

これは、1日のなかで、始値よりも安いレートまで売られたものの、買い戻されてレートが戻ってきたことを表しているからです。

反対に、長い上ひげをもつローソク足が、天井付近で出現したときは、相場のトレンドが反転し下降する可能性があります。

ローソク足の十字線とは?

十字線というのは、始値と終値が同じで、その上下にひげがついているものをいいます。

この十字線がでているときは、相場が方向を見定めようとして迷っている段階であることを示しています。

なので、天井や底値付近でこの十字線が出たら反転する可能性があります。


ローソク足とは?
ローソク足の陽線・陰線とは?
トレンド・トレンドラインとは?
FXでトレンドに乗るとは?
移動平均線の使用方法は?

始値・終値・高値・安値とは?
相場の反転を示すローソク足は?
レジスタンスライン・サポートラインとは?
移動平均線の見方は?
MACD(マックディー)とは?

電話注文
ユーロの特徴

追加証拠金
サブプライムショック
連帯債務 住宅ローン控除 相続時精算課税制度 ボーナス払い
失業時あんしん保険 団信 一部繰り上げ返済 登録免許税
お尋ね 重要事項説明書 アドオン  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved