×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



MACD(マックディー)とは?

MACDというのはどのような指標ですか?

MACD(マックディー)というのは、オシレーター系の指標の1つで、相場の勢い(モメンタム)を読む指標です。

このMACDは、日本語では「移動平均収束拡散法」という意味になるのですが、わかりやすく言うと、短期の移動平均線と長期の移動平均線の乖離度合いを滑らかな曲線で表示し、その曲線の移動平均線とのクロスの度合いをみるものになります。

MACDは順張りと逆張りどちらで使用するのですか?

一般的に、MACDは順張り系の指標として利用します。

MACDだけでなく、このようなテクニカル指標を使い分ける上では、その指標が「順張り系」なのか、それとも「逆張り系」なのかを把握しておくことが非常に重要になります。

順張り・逆張りとは?

順張りというのは、上昇しつつあるものを買う、または、下落しつつあるものを売る取引方法です。

一方、逆張りというのは、下落してきているものを買う、または、上昇しつつあるものを売るとういう取引方法です。


ローソク足とは?
ローソク足の陽線・陰線とは?
トレンド・トレンドラインとは?
FXでトレンドに乗るとは?
移動平均線の使用方法は?

始値・終値・高値・安値とは?
相場の反転を示すローソク足は?
レジスタンスライン・サポートラインとは?
移動平均線の見方は?
MACD(マックディー)とは?

スプレッド
NZドルの特徴

マージンコールを避ける
ドルの地位低下
住宅ローン 保証人 消費税 親子二世代ローン
不動産所得 公庫融資 借り換え 不動産取得税
所有期間10年超 中古物件 アルカリ骨材反応  

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved