×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



OCO注文とは?

OCO注文とは?

OCOというのは、One cancels the other order の略でW指値注文ともいいます。

OCO注文では、あらかじめ2つの注文を同時に出しておいて、一方が約定したらもう一方はキャンセルすることができます。

なお、OCO注文は、新規注文でも決済注文でも使えます。

OCO注文の使い方は?

OCO注文では、現在のレートよりも「円安になれば利益確定の売り」、あるいは「円高になれば損失限定の売り」の注文を同時に出しておくことによって、為替がどちらに動いても自動的に決済注文がなされます。

また、例えばいま1ドル=112円のときに、50万ドルの買いポジションというように、複数枚の買いポジションを持っているような場合には、そのうち20万ドルについてだけ、115円の利益確定売りと、113円の逆指値注文をOCOで出すというような注文の仕方もあります。

ストップオーダーとは?

ストップオーダーというのは、損切りなどで使う逆指値のことをいいます。

リミットオーダーとは?

リミットオーダーというのは、指値注文のことをいいます。


OCO注文とは?
IFO注文とは?
ドルコスト平均法とは?
為替差損とは?
スワップポイントとレバレッジ

OCOの決済注文は?
IFO注文の使い方は?
通貨のリスク分散とは?
スワップポイント狙いとは?
政策金利とは?

中長期投資で精神的な影響
テクニカル分析による売買

FXにかかる税金
為替相場の主導権を握るアメリカ

仕様規定と性能規定
親権者
成功報酬主義

譲渡担保
新住宅市街地開発
責任財産限定特約
消費貸借
数量指示売買
アーバンリゾート
助言価格
制限能力者

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved