×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



IFO注文とは?

IFO注文とは?

IFO注文というのは、IFDとOCOを組み合わせた注文方法のことです。

つまり、ある値段で約定すれば(IFD)、その後OCOによる決済注文が出されるというものです。

例えば、「現在の値段よりもう少し安く買いたい」、そして、もし買えたら「その値段より少し高い値で利益確定の売り注文」と「買値の1円下に逆指値注文(ストップロス注文)」を前もって出しておきたいという場合に使います。

IFOについては、FX会社によっては利用できない場合がありますが、非常に便利な機能ですから、ぜひ使い方をマスターして利用していきたいところです。

IFO注文とトレンド

IFO注文を使う際には、相場のトレンドに注意する必要があります。

というのは、上昇相場でIFO注文を使うと、損切りにかかる率が少なくなりますので、利益を出す確率が高くなります。

反対に、下降相場でIFO注文を使うと、ストップロス注文(逆指値注文)にかかってばかりで、なかなか利益が出ないということもあるからです。

よって、IFO注文を使う際には、相場がいまどちらの方向を向いているのかということを、常に意識しながら使うようにすると上手くいくと思います。


OCO注文とは?
IFO注文とは?
ドルコスト平均法とは?
為替差損とは?
スワップポイントとレバレッジ

OCOの決済注文は?
IFO注文の使い方は?
通貨のリスク分散とは?
スワップポイント狙いとは?
政策金利とは?

短期投資と中長期投資の資金による違い
ボリンジャーバンド

スワップがマイナス
アメリカの経済指標

譲渡所得
真正売買
正常価格

譲渡担保の禁止
森林法
善意・悪意
正味
スキップフロア
RC造
所有権
成年後見制度

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved