×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資入門



ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法というのは、等金額投資ということです。

つまり、毎月同じ金額でドルを買えば、ドルが安い時にはたくさん買えるけれど、高いときには少ししか買えないので、平均単価は安くなるというものです。

ドルコスト平均法は、有名な投資手法なので、その優位性については、色々な本などでも解説されています。

しかしながら、このドルコスト平均法は、かなりリスクの高い投資法ですので注意が必要です。

というのは、確かに、ドルコスト平均法は、相場が一定の間隔を上下するもみ合いの状況ではそれなりに機能するのですが、下落相場ではまったく役に立たないからです。

値段がどんどん下がっているときに、どんどんナンピン買いをして損失を拡大させていくわけですから、資金が無限にあれば別ですが、非常にハイリスクな理論といえます。

なので、一般的には良いといわれている理論であっても、それをそのまま使ってしまうと痛い目にあってしまいますので、自分できちんと検証してみることが大切です。


OCO注文とは?
IFO注文とは?
ドルコスト平均法とは?
為替差損とは?
スワップポイントとレバレッジ

OCOの決済注文は?
IFO注文の使い方は?
通貨のリスク分散とは?
スワップポイント狙いとは?
政策金利とは?

ファンダメンタルズ分析
ゴールデンクロスとデッドクロス

長期投資と高金利通貨
ユーロ(EUR)の特徴

譲渡所得の税金計算
信託
政令

条例
水平投影面積
総合保養地域整備法
新住宅市街地開発法
スパン・ワイドスパン
ISO
所有権を制限法令
整理回収機構

Copyright (C) 2011 外貨投資入門 All Rights Reserved